ヤンチャな家族五人が住む黒ガルバと木の家

パワフルで元気な子どもたち三人が打ち合わせ中もよく暴れ回っていたのをよく覚えている(笑)ほとんど打ち合わせにならないような回も何回かあった。
施主様の要望を全て叶えられた訳ではないかもしれないが、理想と現実、必要なモノ不要なモノを何度も検討、提案を繰り返した結果。出来るのがシンプルな長方形だった。建物はやはり「用・強・美」この要素は欠かせない。悩めば悩んだモノほどシンプルになっていく気がする。タイトルに黒ガルバと木の家である。この二つは相性がバツグンでよくみるデザインでもあるが、実は木ではなく木調のサイディングである。確かに木の方が質感も雰囲気もいいのだが、コストがかかるためサイディングを採用、しかし使いどころや他の材料との合わせ方をうまくすればフェイクに見えないようにする事が可能だ。私たちが毎回戦う予算という強敵と戦ってきたからこそ、身につけたモノだ。コストをおさえたお洒落さ、家事のしやすさ、収納力、広さ、様々な要素がうまくバランスのとれた家になったのではないかと思う。この家ならパワフルでヤンチャな施主様ご家族を末永く包み、見守ってくれるはずだ。
入居してすぐ子供達がコンセントを壊したのは内緒

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

用途:個人住宅
竣工:2019年6月
構造:木造
階数:地上2階
敷地面積:258.89㎡
延床面積(住宅):119.24㎡
C値:0.2㎠/㎡

設計:b.h.e.p architect studio
施工:べすとほうむEP
撮影:tawawa studio

PAGE TOP