ネイビーとコンクリートが調和する新しくて懐かしい家

奥州市江刺では有名なスーパーからほど近く、立地の良い場所である。建主さんとお話をする中でネイビーの外観を使用したいとの要望だった。そこで提案させて頂いたのがネイビーとコンクリートとアッシュ系の木色を合わせたものだ。ご夫婦のインテリジェンスな雰囲気にとてもマッチする。それをダウンライトでライトアップしモダンな表情を作り出した。とてもお気に召していただけた。中はというとLDKにフロアとフラットに畳を配置した。ゴロンと横になりたくなる空間だ。寝室にも一部フラットに畳を配置した。最近では珍しいお布団で寝られるとの事。確かにベットや洋風に慣れてきた私たちだが、改めて布団や畳等、和の文化はいいなと思う出来事だった。そしてポイントがもう一つBOXの積木型収納だ。お子様が三人いるので将来的な使用を考慮し、自由に取り外せ、段数や形を変えられる。あとで足りなければ増やしたりも出来る。これは今後も使えるアイテムとなった。

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

用途:個人住宅
竣工:2020年2月
構造:木造
階数:地上2階
敷地面積:245.92㎡
延床面積(住宅):105.98㎡
C値:0.08㎠/㎡
(スキマがなく測定不能のためわざと穴を開けて測定した)

設計:b.h.e.p architect studio
施工:べすとほうむEP
撮影:tawawa studio

PAGE TOP